絶対リバウンドしない自己表現方法:カットモデルのビフォアーアフター②

一昨日投稿させて頂いたのに引き続きまして、イベントにお越し頂いた方のビフォアーアフターの一例をご紹介したいと思います。

 

M様(40代)のビフォアーアフターになります。

f:id:calvo_life:20170922115142j:plain

カットとセットをご担当された大阪市鶴見区の岸本洋平さんからのコメントです:

「M様は、前頭部がM型の薄毛なので真ん中を切って揃えました。サイド、バックは短く。トップはあまりモヒカン具合を強くならない様にしました。」

 

サイドを短くすることで頭の縦横のバランスが取りやすくなる「カルヴォメソッド」に基づき、落ち着いた大人の雰囲気が出ています。

 

岸本洋平さんがいらっしゃるお店:

HAIR SALON TAKARABUNE YOU

〒538-0041大阪府大阪市鶴見区今津北4-3-15

電話:06-6961-6831

www.takarabune-you.jp

 

M様にもこんな質問をさせて頂きました!

 

質問①

イベントに来られる前と来られた後でどのように変わったか(気持ち的に)について教えて下さい。

 

回答①

先日は、大変お世話になりました。

私自身、薄毛に悩まされてから全く寄り付かなかった書店のファッションコーナーで取った一冊の雑誌が薄毛のためのヘアカタログでした。それが数年前です。そこで短髪にすべきだと認識しました。

それまでは周りが髪型の話をしたり家内に育毛はきちんとしてるのか?など髪の事を考えるのが苦痛でした。短髪にし少し髪の悩みはなくなった気がしました。ですのでこの段階で他の方より気持ちが前向きな人間でのプロジェクト参加だったかもしれません。

今回のプロジェクトはその上、つまり格好良くなりたいと思いました。

結果その通りになりました。

今の気持ちは、薄毛で悩む人は悩んでもらわないと困る業界の人が作った価値観で格好良くなってしまえば、背が低いとか髪が薄いとかは関係ないんだと思えるようになりました。今回トータルで考えるという事を学びました。

 

質問②

イベントに行かれた後に会われたご家族、ご友人、職場のご同僚から何かコメントはありましたか?

 

回答②

職場の仲間(女性)に、プロジェクトの趣旨を伝えず、写真を見せました。

すると、「情熱大陸」のオープニングか、「フォーブス」の表紙か?「渋い!」「カッコイイ!」を連発されました。

妻にはそもそも貴方はハゲてないと言われました。薄毛を感じさせない髪型にして頂いた結果だと思います。

髪型はもとより、トータルコーディネートしていただき、夢のような体験をありがとうございました。

 

M様も薄毛について悩んでおられた期間が長かったと思われますが、今回のイベントを通じて前向きになられたコメントを残して頂きました。ご参加頂きありがとうございました!^^

 

カルヴォは引き続き薄毛に悩む男性に「自信」を提供する活動を続けて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。